【プライベートバンカー】カネ守りと新富裕層を勝手に書評。

書店に行ったら、

とても目に入ってきたので、

手にとって読みかけた。

 

 

まず著者を見てみた。

 

『 清武英利 』

 

『 清武 』という名字は珍しい。

 

サッカー日本代表の現在はスペインリーグのセビージャ(だった気がする)で活躍している『 清武 』は有名だけど、

もう一人、

『 清武 』と聞いてピーンときた人は情報ツウ?

 

僕も気になりながら、

著書のプロフィールを見てみた。

 

清武 英利

1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、75年に読売新聞社入社。青森支局を振り出しに、社会部記者として、警視庁、国税庁などを担当。中部本社(現中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長を経て、2004年8月より読売巨人軍球団代表兼編成本部長。11年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され、係争に。現在はノンフィクション作家として活動。著書『しんがり 山一證券 最後の12人』(現在は講談社+α文庫所収)で2014年度講談社ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

アマゾンより引用しました。

 

以前、

巨人のナベツネに反旗を翻した、

あの清武さんでした。

 

ちなみに『 清武英利 』で検索すると、

ウィキペディアが出てきますが、

『 清武の乱 』もウィキペディアに出てきて少し笑えます・・・。

 

そうそう、

この本の内容ですが、

取材を基にした実名で何名か出ているとのこと。

 

シンガポールでは有名な事件の話であったり、

日本では考えられない金融の仕組みやスキーム等々、

金融に携わった身の自分には、

面白くて仕方ない内容です。

 

節税についても多少描かれていますが、

具体的なノウハウ本ではないので、

簡単な概要だけ描かれています。

 

自分の身の回りでも、

シンガポールの最前線で仕事されている方もいらっしゃいますし、

逆に、

若くして引退(リタイヤ)し、

別の使命・天命のために活動している方もいらっしゃいますので、

割と身近に感じる内容でした。

 

少しでも金融に興味があったり、

携わっていたり、

シンガポールに行ったことがあったり、

興味があったりする方には、

とても面白い内容だと思います。

 

 

『 清武の乱 』についての関連動画がありましたので、

掲載してみました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
【へんしんバイク】と【ストライダー】3~4歳へおススメは?
【SMAP解散】理由と真相とその裏側。何故このタイミング?
小保方晴子さんの手記「あの日」とはいつの日?STAP細胞とは?
noimage
【2017年】予測・予想を勝手にしてみたけど衝撃が走るかもしれない。
【ボクの妻と結婚してください。】あらすじと感想と少しネタバレ。
noimage
noimage
【名古屋・栄】オアシス21の氷じゃないスケートリンクへ行ってみた!
noimage
【ポケモンGO】任天堂が仕掛ける社会現象と真相や理由を探ってみた。
【伊勢志摩サミット】開催の前に伊勢神宮で参拝してみた。
【ドラえもん】名古屋・松坂屋美術館「藤子・F・不二雄展」行ってきた。
【24時間テレビ】出演者(芸能人・タレント)のギャラが高すぎるとの噂。

Menu

HOME

TOP